東日本ハウス 坪単価

東日本ハウスの値引き交渉方法

家を建てるにあたって、値引きというのは重要なポイントになってきます。夢のマイホームを建てるわけですから、ハウジングメーカーをただ、一律に表示されている値段で選ぶわけにはいきません。

 

 

たくさんのハウジングメーカーの中から、一つだけ、自分が住む家を作るところを選ぶのですから、自分の理想にあったものを選びたいものです。ただ、予算にも上限がありますので、ただ提示されている値段だけを考えていると、予算的に希望のものに手が届かない、という事も有ります。

 

 

こういった中で、期待したいのが、値引きになってきます。ただ、こういった値引きについては、ハウジングメーカーによって対応も違ってきます。また、値引きの有無というのを、各ハウジングメーカーが提示しているわけではなく、各ネットの口コミなどで、色々な情報を集めていくことが必要になります。

 

 

口コミなどによると、あるハウジングメーカーで大きな金額で値引きがあった、というようなものも見られてきます。ただ、それもケースバイケースです。

 

 

東日本ハウスの坪単価の目安は55〜65万ですが、比較的値引きについては、期待しづらいハウジングメーカーだといえるでしょう。東日本ハウスは、標準仕様が比較的高グレードです。

 

 

他のハウジングメーカーでは、高いオプションを付けて、そこから高額な値引きをするというパターンのところもありますが、東日本ハウスでは、例えば標準の収納の中には、システム収納まで付いていたりしますので、こういった形での値引きを前提にするというかたちは、あまりないかいえるでしょう。

 

 

実際、東日本ハウスは、その標準仕様の内容や、クオリティなどからみても、ほぼギリギリの価格を提示しているといえそうです。

 

 

そのため、営業さんの話を見てみても、あまり、大きな値引きは期待できないということです。ただ、」もし東日本ハウスで値引きできるとしたら、決算期が狙い目だということは、口コミなどにはあるようです。

 

 

また、値引き交渉の方法は他社と迷っていますと担当営業まんに伝えることが必要です!

 

 

下記のサイトは無料で他のハウスメーカーなど、総費用やカタログや間取りプランがもらえます。

 

 

他社の値段を知っておくだけでも、値引き交渉に役立ちますのでおすすめですよ。

 

 

他の会社間取りも無料でもらえるので、いろんな会社の間取りも参考にできるのもおすすめです(^^ゞ

 

 

 

 

平屋というのは、基本的に坪単価が高めになるといえます。というのは、同じ延床面積であれば、平屋というのは、坪単価が高るようになっているからです。

 

 

というのは、2階建よりも平屋の方が屋根や基礎の面積が必要だからです。たとえば、延床面積40坪の2階建ての家の場合、屋根や基礎は20坪分の広さとなりますが、これが延床面積が40坪の平屋の場合だと、屋根も40坪分、基礎も40坪分となります。

 

 

こう考えると、平屋にかかるコスト感がわかってくるでしょう。そのため、同じ延床面積で、2階建てを建てた場合などと比較すると、一般的に、平屋の方が坪単価は高くなるのです。

 

 

なので、平屋は高い、と予算の段階であきらめてしまう方もいますが、平屋を作っているハウジングメーカーの中で、比較的リーズナブルだといえるハウジングメーカーが、東日本ハウスだといえるでしょう。

 

 

東日本ハウスの坪単価の目安は55〜65万です。そして、東日本ハウスでは、やまと「華」シリーズの中で、平屋についても提供をしています。あえての注文住宅ではなく、やまと「華」シリーズの中にある9つのデザインコンセプトをもとにした外観スタイルの1つとして、平屋を選ぶことができます。

 

 

これは、とてもメリットがあるといえるでしょう。

 

 

というのも、大和日本ハウスは、標準仕様自体で、満足のできる家づくりをしています。そのため、標準仕様のかたちで平屋を作れるということは、比較的リーズナブルに平屋を実現できるということになります。

 

 

とはいっても、東日本ハウスの平屋は、母屋もあるつくりであったりと、しっかりとしています。オプションや、施工についての追加などがあったとしても、東日本ハウスで平屋を建てる目安としては、だいたい60万円台くらいから検討してよいのではないでしょうか。

 

 

これは、大手のハウジングメーカーの出している平屋の坪単価に比べると、やはり手の届きやすい範囲になっているかと思います。

続きを読む≫ 2014/09/11 15:12:11

家を建てるときには、ハウジングメーカー選びというのが大事になってきます。価格や坪単価、そして、予算やローンを考えた上で、自分に合った家を選びたいものです。

 

こういった中で、和の美しさを際立たせる家、というコンセプトで家を提供してるハウジングメーカーが、東日本ハウスとなります。この東日本ハウスは、伝統和風スタイルの外観デザインと、最新のモダンな設備を融合させた家づくりをしていますが、それを比較的リーズナブルに提供しているハウジングメーカーだといえます。

 

 

東日本ハウスが出しているシリーズに、「華」というラインがあります。このラインには、さらに3つのバリエーションがあり、「和華」は日本の伝統的なフォルムを身にまとう端正な佇まいを、「麗華」は和の美しさに洋の感性を併せもった格調高い住まいを、そして、「粋華」はモダンな空間に木の優しさがあるデザイン住宅をコンセプトとしています。

 

 

こういったシリーズは、全体的に見ても高級感のある、しっかりした家という印象があります。このシリーズの価格帯としては、だいたい坪単価50万円前後となってくるかと思います。

 

 

最初の見積もりの段階で、50万円程度、そして最終の単価としては、東日本ハウスの全体感としても、坪単価の目安は55〜65万くらいとなってくるといえるでしょう。

 

 

ここであまり大きく価格が跳ね上がりにくいというのも、東日本ハウスの特徴だといえるでしょう。最初の見積もりの段階から比べても、最終単価がそこまで高くならないのが、東日本ハウスの特徴です。

 

 

他のハウジングメーカーでは、最初の契約から一気に値段が上がるというのが、常ともなりますが、東日本ハウスの場合には、それが若干すくないように見られます。

 

 

東日本ハウスは、基本的に、標準仕様自体が、仕較的高グレードです。たとえば、収納の中には、システム収納まで付いていたりします。

 

 

そういった意味でも、よい家をリーズナブルに建てられる単価感だといえるでしょう。

続きを読む≫ 2014/09/11 15:10:11

家を建てるときには、ハウジングメーカー選びというのが大事になってきます。どうしても、最初は、大手のハウジングメーカーのネームバリューなどに惹かれてしまものですが、大手ハウジングメーカーのネックとなるのが、価格の高さともいえます。実際、予算やローンとの兼ね合いもありますので、賢く選びたいものです。

 

 

こういった中で、東日本ハウスというハウジングメーカーを見てみたいと思います。いい家を、手の届くかたちで提供しているといえるハウジングメーカーです。

 

 

この東日本ハウスが出している家の中に、「やまと」というシリーズがあります。これは、時代がどのように変化しようとも価値を失わない本物の住まいを求めるラインナップになっています。その中でも、手の届く範囲でありながら、上質なインテリアを提供しているのが、それが、やまとシリーズ「華」となります。

 

 

この価格帯としては、だいたい坪単価50万円前後となってくるかと思います。最初の見積もりの段階から、そこまで高くない値段となってくるのが、東日本ハウスの特徴です。というのも、施工まで営業が責任を持つような営業とされています。

 

 

他のハウジングメーカーでは、最初の契約から一気に値段が上がるというのが、常ともなりますが、東日本ハウスの場合には、それが軽減されているともいえるのでしょう。

 

 

このやまとシリーズでは、「和華」という、日本の伝統的な住まいと、「麗華」という、和の美しさに洋の感性を併せもった格調高い住まい、そして、「粋華」はモダンな空間に木の優しさがあるデザイン住宅、というふうに、ライフスタイルに合わせて選べる3つのデザインコンセプト9バリエーションが用意されており、それによって価格も違ってきます。

 

 

予算とあわせて、自分に合ったものを選ぶのがよいでしょう。どれも、高い機能性とデザイン性を持っており、価格に見合った勝ちのあるものだといえます。たとえば、使いやすいキッチンといった、収納、お手入れまで、納得の快適性や機能美についてもこだわりがあるシリーズになります。

続きを読む≫ 2014/09/11 15:09:11

マイホームを建てようと思うと、色々なるハウジングメーカーの商品を見ていくことになります。

 

 

そういった際、メーカーの評判も気になりますが、それだけではなく、そのハウジングメーカーが出している商品のもつ特徴などによって、判断することも大切です。

 

 

たとえ、マイナーなハウジングメーカーであっても、自分にあっている商品を見つけることも大事になってきます。

 

 

例えば、東日本ハウスは、比較的手ごろな価格で、色々なニーズなる世代に向けた家を提案しています。それが、東日本ハウスの「J・エポックホーム」シリーズです。
この「J・エポックホーム」のシリーズのコンセプトは“日本の住宅に新しい時代を創る”という事です。

 

 

東日本ハウスで開発された木造提案住宅の新しいブランドとなっています。個性にこだわりたい世代をターゲットにしていて、住まいやインテリアでも、自分らしさを実現するための工夫がされています。とはいっても、大手の注文住宅のように高すぎるということはなく、プロの手を借りながら、自分の好みを実現していくスタイルとなっており、価格帯もそこまで高くは有りません。

 

 

だいたい、坪単価として、50万円前後とみてよいでしょう。実際「J・エポックホーム」には、さまざまなバリエーションがあります。さまざまな中から好みで選べる3つのシリーズというラインでは、「J・ジパング」「J・ベーシック」「J・アベニュー」があります。

 

 

また、ママのための、ママによる住まい設計をコンセプトにしているのが、「J・ママ」シリーズです。そして、高級感を持ちながらリーズナブルさを実現しているのが、コストパフォーマンスと広さ・心地よさを融合している「J・ファーストステージ」です。

 

 

こういったバリエーションによって、価格も前後してきます。高いものだと、坪単価70万円くらいのものにもなってくるでしょう。東日本ハウスは、選択肢の多さがうりですので、自分の予算に合ったものを選ぶことができます。

続きを読む≫ 2014/09/11 15:07:11